ポスト

とても重要!郵便ポストの防犯対策について解説します

郵便ポストから郵便物が溢れている家をよく見かけるのではないでしょうか。
家の他の場所と比べると、郵便ポストの防犯対策は疎かになりやすいですよね。
しかし、郵便ポストの防犯はとても重要で、疎かにしていると大きなトラブルに巻き込まれる可能性があります。
今回は、郵便ポストの防犯対策について解説します。

 

□窃盗犯が郵便ポストを狙う理由とは

 

防犯対策を取るためには、まず窃盗犯が郵便ポストを狙う理由について知っておきましょう。
ポストには、普段から自分宛にたくさんの郵便物が届きます。
郵便物の例として、新聞、公共料金の領収書、クレジットカードの明細書、役所からの案内状が挙げられます。
それらの中でも、窃盗犯が狙っているのは個人情報が書かれている郵便物です。

領収書や明細書を見ると、氏名、家族構成、生年月日、住所、電話番号、銀行口座番号が一目でわかります。
郵便ポストを見るだけで、簡単に個人情報を手に入るので、窃盗犯が郵便ポストを狙うのは当然ですよね。
ただ郵便物を奪われるだけならまだしも、郵便物に書かれた個人情報まで奪われると、さらに大きなトラブルに巻き込まれやすくなります。
そのため、郵便ポストの防犯対策は重要です。

 

□具体的な郵便ポストの防犯対策とは

 

それでは、自分の郵便ポストに入っている郵便物を守るためには、どのような対策をとればいいのでしょうか。
例えば、ポストの中に入っている郵便物をためないようにしましょう。
ポストには、大切な郵便物以外にも興味のない広告やチラシが入ってくることがあるので、取り出すことが面倒になりやすいです。
しかし、窃盗犯にとってためこんでいるポストは、郵便物を盗みやすい状態となっています。

一度郵便物をためこんでしまうと取り出すことが面倒になるので、普段から家に帰ってきた時に、ポストを確認するようにしましょう。
他の対策方法として、鍵を閉められる郵便ポストにする方法があります。
鍵を閉めておけば、郵便物が取られる心配はないですよね。
鍵を開けないと郵便物を取れないので、面倒だと考える人がいるかもしれません。
しかし、自分の郵便物や個人情報を盗まれる可能性を考えると、鍵をかけることをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回は、郵便ポストの防犯対策について解説しました。
郵便ポストは、個人情報が詰まっているので窃盗犯が一番に目をつける場所です。
自分の郵便物や個人情報を守るためにも、普段からポストの中身をためないようにする、施錠できるタイプのポストにするといった対策を取りましょう。

About the author

juicygarden_blog

juicygarden_blog

おしゃれな表札やポスト(郵便ポスト・郵便受け)物置などデザインにこだわったエクステリア用品通販。1600アイテム超のスタイリッシュな表札、デザインポスト、人気の立水栓、かわいい物置、人気のオリジナル商品多数販売。
http://www.juicygarden.jp/