お庭のテーブル、椅子、家具

台風の際に屋外家具を保護する方法について解説します!

「台風の際に屋外家具をどうしたら良いかわからない」
「屋外家具を台風から保護する方法を知りたい」
このように、台風時の屋外家具の取り扱いについて気になっている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、台風の際に屋外家具を保護する方法について詳しく知らないですよね。
そこで今回は、台風の際に屋外家具を保護する方法について解説します。

 

□台風の際に屋外家具を保護する方法

 

*カーポートやサイクルポートの柱設置

カーポートやサイクルポートは、耐久性を高めるための柱の設置ができます。
サポート柱は、柱部分にくっついている場合があるので、よく確認してください。
また、床面に金属の柱設置の金具があるかを確認しましょう。
設置方法は、メーカーによって異なります。
そのため、よく説明書を見るようにしてください。
台風が来る前と後は、よくドレンキャップから掃除してください。
なぜなら、雨樋に落ち葉が詰まる可能性があるからです。

 

*カーゲートと門扉の保護

カーゲートが上下に動く場合は、ゲートを下ろして閉めた状態にしてください。
一方で、横に動くタイプのものは、ゲートを開いた状態を保ちましょう。
ゲートが風で倒れる可能性があります。
ゲート自体は吹き飛ばされないように、紐で固定するようにしてください。
また、門扉もしっかりと固定してください。
宅配ボックスと郵便ポストがしっかりと施錠されているか確認しましょう。

 

*オーニングやシェードの保護

オーニングやシェードといった布状のものは、畳んでください。
台風の影響をもろに受けやすいからです。
開かないように、紐で結んだりロックをかけたりしましょう。

 

*テラスやガーデンルーム

テラス屋根に物干し竿を設置している場合は、竿を下ろしてください。
そして、風で飛ばされないようにうまく固定します。
ガーデンルームは雨風が入ってきやすいです。
そのため、扉を閉めて施錠するようにしてください。
また、カーポートと同じで、落ち葉でドレンが詰まる可能性があります。
それゆえ、台風の前後できちんと掃除するようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、台風の際に屋外家具を保護する方法について解説しました。
この記事を参考にして、万全の対策を施しておきましょう。
当社では、エクステリアに関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望に沿って最適なエクステリア商品をご提案致します。
ぜひ一度、当社までお電話で気軽にお問い合わせください。

About the author

juicygarden_blog

juicygarden_blog

おしゃれな表札やポスト(郵便ポスト・郵便受け)物置などデザインにこだわったエクステリア用品通販。1600アイテム超のスタイリッシュな表札、デザインポスト、人気の立水栓、かわいい物置、人気のオリジナル商品多数販売。
http://www.juicygarden.jp/