表札

二世帯住宅の表札を作るときの注意点とは?

「二世帯住宅を建てる予定だけど、表札の作り方は?」 「二世帯住宅の表札を作るときのポイントとは?」 このように、二世帯住宅の表札について知りたい方も多くいらっしゃると思います。 しかし、どのようなポイントに気をつけて表札を作れば良いか分からないですよね。 そこで今回は、二世帯住宅の表札を作る際に気をつけるべきポイントと設置方法について解説します。

□表札を作るときの注意点

 

*名前の順番

二世帯住宅の表札を作るとき、一番注意すべきことは名前の順番です。 二世帯住宅の表札は横書きで上下に名前を入れるのが主流です。 上下にどちらの名前がきても、問題ありません。 しかし、完成後に順番について揉めるケースが多いです。 手直しの場合、追加料金が発生し、時間もかかるので注意が必要です。 対策として、事前に順番について話し合っておきましょう。 話し合いの際はお互いの意見を尊重し合うことが大切です。  

*ポストを考慮する

二世帯住宅は完全分離型や住居スペースだけ分けるといった様々な形があります。 しかし、その時点でポストについて見落としがちです。 なぜなら、ポストは外構工事が終わってから設置することが多いからです。 ポストを分ける場合、配達員に分かりやすいように表札を分ける必要があります。 そのため、事前にポストを分けるかどうかの相談をしておきましょう。

□表札の取り付け方

 

*完全分離型の場合

住宅が完全に分離している場合、2枚の表札を用意するのが良いです。 その際、2枚の表札を均等に並列させるのがきれいです。 また、それぞれの入り口にある方に設置すれば、訪問者に分かりやすいです。 さらに、別々のデザインにすれば、訪問者が判断に迷わずに済むため、おすすめです。 その際、デザインは表札をかける場所との調和を考慮しましょう。 また、デザインについては二世帯で話し合って決める方が良いです。  

*住居スペースだけが別れている場合

家の中で住居スペースだけ分かれている場合、玄関とインターフォンは1つです。 その際、来客者は同じ玄関から訪問するため、1枚の表札で名前を表示するのが良いです。

□まとめ

今回は、二世帯住宅の表札を作る際のポイントと設置方法について解説しました。 二世帯住宅の表札を作る際はポイントを押さえて制作することが大切です。 当社では、表札の購入から取り付けまで一括で行なっています。 専門家がお客様のプランにあった最適なサポートを致します。 ぜひ一度、当社までお気軽にお問い合わせください。

About the author

juicygarden_blog

juicygarden_blog