表札

表札ガイド|アイアンとアルミの材質・デザインを徹底比較!

野外家具を考えているという方で、
「デザイン重視で表札を作りたい!」
「耐久性や素材も重視している!」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、表札における「アルミ」と、「アイアン」の材質、デザインについて比較します!

□表札について

表札のサイズやデザインを意識しすぎてしまい、材質を考えない方が多いです。
デザインは、「アイアン」や、「アルミ」など、材質ごとに異なることもあります。

そのため、デザイン重視の方は、材質から知ることにより具体的なイメージを持つことができます。
ここからは、それぞれの材質の特徴や仕様を紹介します!

□材質

アルミと、アイアンの材質を比較してみます。
材質ごとにメリットやデメリットが存在します。
材質の仕様を確認しておくと便利ですよ!

*サビ

「サビへの強さ」の観点から、アルミとアイアンを比較します。
アルミで製造された表札のメリットは、サビにとても強い材質であるところです。
サビにくいため、表札の持ちが長続きします。
サビないように特殊加工がされているため、耐サビ性が高いのです。

アルミで製造・加工された表札に比べ、アイアンは少し見劣りします。
しかし、サビ加工をすることで耐サビ性を高めている製品もあります。
また、「サビが発生したら、ヤスリで削る」など、メンテナンス作業を欠かさないことで、アイアンであっても、サビの進行を遅らせることは可能です。

*デザイン

アイアンも、アルミも洗練されたスタイリッシュさを演出することができます。
視覚的なデザインは、アイアン表札もアルミ表札もさほど変わりません。
どちらの材質も、自分のスタイルに合わせた「オリジナル表札」を作ることができます。
細かい仕様やディテールにこだわりたい方は、アルミの表札にすると良いでしょう。
アルミの方が、細かいデザインの指定が可能です。

□注意点

表札は、指定箇所に穴を開けて固定します。
表札のタイプにより、「貼り付け」も可能です。(アイアン不可)
アイアンの使用上の注意点は、サビの発生です。
そのため、周辺環境(海辺が近いなど)を確認してみると良いでしょう。

□まとめ

今回は、野外家具をお考えの方に向けて、表札における「アルミ」と、「アイアン」の材質、デザインについて比較しました。
表札をお考えの方は、具体的なイメージを持つことができましたか?
当社では、これらの情報に詳しいスタッフが多数おります。
この記事を読んで何か疑問に思うことがあれば、ぜひお問い合わせください!

About the author

juicygarden_blog

juicygarden_blog