ポスト

郵便ポストでおすすめの投函口のサイズをご紹介!

「郵便ポストを購入しようと考えているけど、投函口の大きさに迷っている。」
「郵便ポストでおすすめの投函口のサイズについて知りたい。」
郵便ポストの購入をお考えの際、投函口のサイズで迷っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
郵便ポストは、個人情報などが含まれた重要な書類を管理することもあるので、しっかりと選ぶ必要があります。
そこで今回は、郵便ポストにおいておすすめの投函口の大きさや向きについて詳しく解説します。

 

□投函口でおすすめの大きさ

郵便ポストの投函口の大きさは、小さすぎるのはよくないですが、大きすぎる場合も考えものです。
小さい投函口だと、大きい郵便物が折り曲がってしまったり、再配達してもらう手間がかかったりしてしまいます。
また、大きい投函口だと、投函口から郵便物を抜き取られてしまう恐れがあります。
A4がちょうど入るくらいの大きさであれば、大きめの郵便物を受け取ることにも困らず、防犯性にも優れているのでおすすめです。

 

□郵便ポストを設置する際におすすめの向き

スタンド型の郵便ポストを設置する際は、向きについても気にする必要があります。
中が見えるタイプの郵便ポストは、正面から中身が見えないように配置する必要があります。
中に個人情報などが詰まった書類が入っていると知られてしまった場合、盗難のリスクが高まってしまうからです。
また、ダイヤル式の鍵がついたポストであれば、ダイヤルが容易に見えないように配置することを心がけましょう。
ダイヤル式の鍵を開ける方法を知られてしまう恐れがあるからです。

 

□郵便ポストのタイプ

これまで、ポストの投函口の大きさや配置する向きについて解説しました。
投函口の大きさや、ポストの投函口の大きさや向きについて考える必要のないポストもあるのでご紹介します。

*埋め込み型ポスト

埋め込み型ポストは、住宅の中から郵便物を受け取れます。
そのため、外から盗難されにくくなります。
欠点は、玄関に近い場所まで近づきやすくなってしまうことです。

 

□まとめ

今回は、郵便ポストにおいておすすめの投函口の大きさや向きについて詳しく解説しました。
郵便ポストの投函口のサイズや向きを決める際は、防犯を意識した上で、気に入ったデザインのものを選ぶことをおすすめします。
郵便ポストの投函口などで迷われた方は今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
また当社は、お客様に満足していただけるよう丁寧な接客を心がけています。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

About the author

juicygarden_blog

juicygarden_blog

おしゃれな表札やポスト(郵便ポスト・郵便受け)物置などデザインにこだわったエクステリア用品通販。1600アイテム超のスタイリッシュな表札、デザインポスト、人気の立水栓、かわいい物置、人気のオリジナル商品多数販売。
http://www.juicygarden.jp/