お庭のテーブル、椅子、家具

屋外家具の設置を検討中の方、外水栓の特徴を解説!

「外水栓を設置したいがどれがいいか分からない」
「外水栓別の特徴を知りたい!」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
外水栓が庭にあると便利ですよね。
外水栓の設置を一度は検討したことがあるという方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、実際に設置を検討すると、どの外水栓がいいのか分からず、それぞれの特徴を知りたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、水栓別の特徴を解説します。
それぞれの特徴を把握して、あなたに最適な外水栓を見つけてくださいね。

□種類別!外水栓の特徴

*立水栓

地面から柱が立っているタイプの外水栓です。
柱があるというその存在感をメリットと捉えるか、デメリット捉えるかは人それぞれです。
目立つことは避けられないので、そのデザインを考えることが大切です。
屋外家具として外水栓を捉えて、おしゃれなデザインを選ぶと庭に華が生まれて嬉しいですよね。
また、蛇口から地面まで距離があるので、水をバケツに組む時には非常に便利です。

*散水栓

散水栓は、地面に埋まっており、使う時だけ蓋を開けて用いるコンパクトな外水栓です。
ホースをつないで使用するのが一般的で、手やモノを洗う時には不向きです。
この点で、散水栓は水まきや水やりをする時専用の外水栓と言えます。
普段は地面に収まっていることで、目立つことはありません。
庭の景観を今のまま残したい方にオススメです。

*壁水栓

壁水栓は、壁に蛇口を設置するタイプの外水栓です。
場所もとりませんし、蛇口の高さもあるので立った状態で使えます。
しかし、蛇口が壁に設置されているため、壁に汚れが付着する可能性があります。
汚れのつきにくい外壁にするなどの工夫が必要です。

□配管における注意点

外水栓を設置する時は、水道の配管を事前に考慮しておくことが大切です。
好きな位置に外水栓を設置してしまうと、配管の工事が必要になり、費用が大きく変わる恐れがあります。
事前に水道を通しておくことで、工事が水栓の設置だけで済み、たいへん便利です。

□まとめ

今回は、水栓別の特徴を解説しました。
どのような種類の外水栓があるかご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、外水栓の設置を検討してみてください。
当社は、おしゃれな屋外家具で生活に彩りを与えます。
屋外家具とデザインの知識が豊富なスタッフが、お悩みの解決をお手伝いします。
屋外家具で外水栓の設置をご検討の方、水栓別の特徴を詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

■一緒に使いたいおしゃれな水回り小物
<Garden Glory>
レインディア ウォールマウント
ガーデンホース 20m
ホースノズルセット
■こちらもオススメ
ヤードリール 20m
コンストラクション バケット

About the author

juicygarden_blog

juicygarden_blog