メンテナンス 季節の大特集

蛇口から水が出ない!トラブルになる前の蛇口、水道配管の凍結防止対策

秋から冬にかけての寒い季節では、水道の配管パイプが凍結することがあります。北部の寒い地方ではなくても、深夜から朝方は急激に温度が下がりますので、注意が必要です。今回は、蛇口や水道配管の凍結防止対策をご紹介します。

水道管の凍結ってなに?

外の気温が低くなると、水道管の中に通っている水が凍結することがあります。水が凍結すると水道管が詰まり、水道が使えなくなります。それだけではなく、水は固体になると膨張しますので、最悪の場合、水道管の破裂を引き起こします。

以下のような場合は、水道管の凍結が起こりやすいため、特に注意が必要です。

  • 最低気温がマイナス4度を下回る場合。水道管が凍結する確率が上がります。
  • 夜寝る前や旅行や出張で長期に家を空ける場合。通水しない期間が長いと凍結しやすくなります。
  • 野外の水道や建物の外壁に水道管が露出している場合。
  • 北向きで日が当たりにくく気温が下がりやすい場所や、風当たりが強い場所の場合。

凍る前にやりたい凍結防止対策

水道管が凍結しやすい状況を理解したうえで、さらに水道管の凍結を防止するためには、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

■水を少し出しておく

凍結防止でもっとも簡単な方法は、蛇口を少しだけ開けて、水をちょろちょろと出しておくことです。流れている水は凍りにくいという特性を利用します。1階だけでなく2階にも蛇口がある場合は、1階と2階の蛇口を両方とも開けておきましょう。

■むき出しの水道管を保温する

水道管がむき出しになっている部分は、保温剤などを巻いて温度の低下を防ぎます。ホームセンターに行けば、筒状のパイプカバーや保温テープが売っています。わざわざ購入しなくても、いらない布や、発泡スチロールでも代用できます。水道管がぬれないように上からビニールをかけておくのも有効です。空気よりも水の方が熱(温度)を伝えやすいため、水道管はできるだけぬらさないようにしましょう。

■排水する

長期間水道を使用しない場合は、排水をして水道管を空にしておくことが有効です。寒冷地の水道には、水抜き栓が設けられている場合があります。必ず排水をしておきましょう。

■メーターボックスを防寒する

水道のメーターボックスをあらかじめ防寒しておきます。地下式のものは、布や新聞紙、発泡スチロールでメーターボックスを覆います。地上式のものは、段ボールで全体を囲むことで保温効果を期待できます。

それでも凍ったときの凍結対処法

どんなに凍結対策をしていても、水道管が凍ってしまうことがあります。水道管が凍結してしまったら、どのような対処すれば良いのでしょうか。

■自然に解凍するのを待つ

日中になり気温が上がってくると、自然に凍結が解消されます。もっともシンプルで一般的な方法です。

■配管部分を温める

凍結している部分に布をかけて、その上からぬるま湯を注ぎます。即効性はありますが、やけどには注意しましょう。ドライヤーの温風で配管を温めるのも効果的です。

■業者を呼ぶ

水道管が破裂してしまった場合は、まず止水栓を閉めて水道を止めます。その後に専門の業者を呼んでください。水道管の修理費用は、基本的に自己負担です。しかし、住宅金融公庫から融資を受けている場合は「住宅金融公庫特約火災保険」より損害額の一部が補てんされる場合があります。詳細は、保険の適用項目を確認してみましょう。

水道管の凍結には適切な事前対策を

あらかじめ凍結対策をしておけば、水道が凍結しづらくなるでしょう。一度、凍結対策をしてしまうと、当分はメンテナンスをする必要もなくなります。寒くなる前に凍結対策をしてみるのはいかがでしょうか。

▼寒冷地にお勧めの立水栓

アイスルージュ 1.2mタイプ

寒冷地仕様のスリムな立水栓。上部に水抜きハンドルが付いています。

伸縮式立水栓 D-EN

本体が360度回転可能で、ホースも取付可能。
支柱が伸び縮みするので散水栓ボックスに収納可能です。

About the author

ジューシー ガーデン

ジューシー ガーデン

おしゃれな表札やポスト(郵便ポスト・郵便受け)物置などデザインにこだわったエクステリア用品通販。1600アイテム超のスタイリッシュな表札、デザインポスト、人気の立水栓、かわいい物置、人気のオリジナル商品多数販売。
http://www.juicygarden.jp/