ガーデニング

見て食べて楽しむ庭に~エディブルガーデンを作ろう

見て食べて楽しむ庭に~エディブルガーデンを作ろう

見て食べて楽しむ庭に~エディブルガーデンを作ろう

従来のガーデニングに加えて最近注目されているのが、果樹や野菜を栽培して収穫を楽しむエディブルガーデンといわれる庭づくりです。見て楽しむだけの庭から、食べても楽しめる庭へ。そんなエディブルガーデンの楽しさを紹介します。

エディブルガーデンとは

欧米風の家庭菜園ともいわれるエディブルガーデンは、日本語でいうと「食べられる庭」というところでしょうか。その名のとおり、庭で野菜や果樹を育てて、丸ごと食べられる、おいしい庭づくりをしていきます。この丸ごと食べられる庭づくりを通して自然の営みや食のあり方、エコロジカルな感覚も楽しく学んでしまおうという、今、大きく注目されているガーデンスタイルなのです。

エディブルガーデンで学べること

エディブルガーデンづくりでは、庭で野菜や果樹を育てることを通じてさまざまなことが学べます。

 

土や緑に触れることで、自然と触れ合う時間をもてる

 

 

毎日植物の世話をすることにより、何かをする習慣を身につけられる

 

 

リビングやキッチンなどから見えるところに植物を植えることで日々植物が育つ様子を楽しめる

 

植物の成長について家族や親せきなどと話すことや、子どもと育てることでいろいろな気づきを得られる

 

 

野菜の皮や食べ残しなどの生ごみを肥料に再利用することによる環境への配慮

 

何よりも収穫したてのフレッシュな野菜や果物のおいしさを食べて学習できるのが、一番大きな学びかもしれません。

 


エディブルガーデンの楽しみ方

エディブルガーデンづくりでは、庭で野菜や果樹を育てることを通じてさまざまなことが学べます。

 

植物の選び方

エディブルガーデンを始めようと思ったら、まずは初心者向けの育てやすい野菜や果樹を選びましょう。
果樹では、オリーブやゆずなどのかんきつ類、梅やブルーベリーなどがおすすめです。果樹の収穫だけでなく庭木としても楽しめるので、葉の形や成長後の枝ぶりなども考えながら選んでみるといいでしょう。
野菜類はジャガイモやニンジンなどの根菜類、キュウリやミニトマト、ナスやピーマンなどがおすすめ。通常のサイズよりも小さい「ミニ野菜」や「ベビー野菜」も、収穫後丸ごと食べられるとあって人気があります。
また、野菜と一緒にハーブ類も植え込んでみましょう。香りを楽しめるだけでなく、コンパニオンプランツとして病害虫を防ぎ、お互いの成長によい影響を与える組み合わせにもなります。

 

 

より楽しむための一工夫

収穫した野菜や果樹をより楽しむために、植える場所を工夫し、ガーデンファニチャーやガーデングッズも大いに活用させましょう。例えば、リビングに近い場所に花壇を作って野菜やハーブを植えれば、日々成長していく様子を観察しやすくなりますし、ウッドデッキやテラスでハーブを育てれば、キッチンハーブとして便利に使えるうえ、風に乗ってハーブのいい香りも室内に届きます。
そのほか、壁面にひょうたん、キュウリ、にがうりなどつる性の植物を配置して緑のカーテンを作るのもおすすめ。夏の日よけにもなり冷房費節約に、またスペース有効活用にと一石二鳥です。
また、ガーデンテーブルやチェア、バーベキューセットなどを庭に配置して、食事ができる空間を作ってみるのも楽しそうです。植物たちを前にしながら、収穫した野菜や果樹を食べる、なんともぜいたくな時間を味わえます。
見て楽しむ庭から、生活空間の一部としての庭へ。エディブルガーデンは私たちと自然とをもっと近づけてくれる、そんなガーデンスタイルともいえそうです。

 


 

About the author

ジューシー ガーデン

ジューシー ガーデン

おしゃれな表札やポスト(郵便ポスト・郵便受け)物置などデザインにこだわったエクステリア用品通販。1600アイテム超のスタイリッシュな表札、デザインポスト、人気の立水栓、かわいい物置、人気のオリジナル商品多数販売。
http://www.juicygarden.jp/