お庭のテーブル、椅子、家具

屋外家具って出しっぱなしで大丈夫?カバーの重要性も解説

「屋外家具は外に出しっぱなしでも大丈夫?」
「使用上の注意やお手入れ方法について知りたい。」
屋外家具をご検討中の方で、このように、屋外家具を外に出しっぱなしでも大丈夫か心配される方は多いのではないでしょうか。
今回は、長期間綺麗に使用するための注意点や手入れ方法も含めて解説していきます!

 

□屋外家屋は出しっぱなしでも大丈夫!

屋外は、屋内に比べると、太陽光による紫外線や雨風などの刺激に常にさらされています。
屋内専用の家具は、これらの刺激に対応していないため、カビが生えてしまったりほこりだらけになったりしてしまいます。
一方で屋外家具は、強力な紫外線に強く耐久性に優れた作りになっています。
また、雨水にさらされた場合でもすぐに乾くような素材を使用していることが最大の特徴です。

 

□出しっぱなしの注意点

屋外家具は、出しっぱなしにしていても大丈夫なように、ある程度は頑丈に作られています。
台風や大雨などの災害時でも、ベランダやフェンスの柵に固定するといった対策をとれば、破損することは少ないです。
壊れた家具を使い続けると、ケガに繋がる可能性があるため、強風や大雨にさらされた後は、破損部分はないか確認すると良いかもしれません。

 

□定期的なメンテナンスが必要

耐久性や耐候性に優れた屋外家具ですが、長期的に綺麗に使い続けるためには、定期的なメンテナンスが必要です。
使っている素材によってお手入れ方法が異なりますので、素材に適した方法できちんとお手入れしましょう。
以下は、代表的な家具とお手入れ方法を2つご紹介します。

*机や椅子などのアルミやアリアンなどの鉄製の家具

鉄は、酸化するとサビを発生しますが、屋外家具は、防腐加工がされているため、定期的なクリーニングで長期間のご使用が可能です。
クリーニングする際は、スポンジや布に食器用洗剤を含ませて汚れを落とします。
汚れを落とした後は、水で洗い流して、自然乾燥させます。

*屋外ソファのような布製品の家具

ソファのような水を含む家具は、雨が降るとわかっている日は、カバーをつけることが大切です。
紫外線や雨水、ほこりなどあらゆる刺激を防げます。
万が一濡れた場合は、天気の良い日に自然乾燥させておきましょう。

 

□まとめ

以上、今回は屋外家具を長期間使用するための注意点や手入れ方法についてご紹介しました。
屋外家具は、外に置いていても大丈夫なように作られていますが、定期的なお手入れを行うことが大切です。
当社は、他にはないオリジナルの一人一人に合ったアイテム屋外家屋をお客様にご提案します。
お気軽にお問い合わせください。

About the author

juicygarden_blog

juicygarden_blog

おしゃれな表札やポスト(郵便ポスト・郵便受け)物置などデザインにこだわったエクステリア用品通販。1600アイテム超のスタイリッシュな表札、デザインポスト、人気の立水栓、かわいい物置、人気のオリジナル商品多数販売。
http://www.juicygarden.jp/