お庭のテーブル、椅子、家具

屋外家具の設置をお考えの方、目隠しフェンスの高さに関するポイントを解説!

「目隠しフェンスを作りたい!」
「どれくらいの高さがいいの?」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
外からの視線が気になり、目隠しフェンスを設置したいと思ったことがあるという方は多いと思います。
しかし、実際に設置するとなると、どれくらいの高さが適切なのかが分からないのではないでしょうか。
そこで今回は、目隠しフェンスの高さに関するポイントについて解説します。

□普通のフェンスとの違い

 

まず、目隠しフェンスの理解を深めましょう。
目隠しフェンスとはその名の通り、外からの視線をさえぎるためのフェンスです。
対して、普通のフェンスは境界を示すことが主な目的です。
そこからいくつかの違いが、両者の間には生まれます。
普通のフェンスは境界さえ分かればいいので、高い背も隙間が細かい格子も不要です。
しかし、目隠しフェンスはそうはいきません。
視線をさえぎるために背が高く、隙間が少ない構造になっています。
それらの特徴を理解した上で、高さについて考えていきます。

□適切な高さ

 

*1.8メートル以上が好ましい

視線をさえぎることが目的なので、フェンスが低いことは問題です。
日本人の伸長を考慮すると、1.8メートル以上のフェンスを設置すれば、ほとんどの視線を遮断できると言えます。

*高すぎても良くない

高すぎるフェンスは、生活に圧迫感を与えます。
また、日光もさえぎってしまう可能性もあります。
視線の遮断と住まいの快適さのバランスをよく考え、あなたの理想の高さを考えてみてください。
しかし、4~5メートルといった高さになってくると、倒れてくる恐れが生じるので控えることをオススメします。

*組み合わせという選択

「高すぎるフェンスはデメリットもあると分かったが、それでも視線は完璧にさえぎりたい」という方はいらっしゃいませんか。
そんな方には、フェンスと植木を組み合わせるという選択をオススメします。
植木を庭に植えることで、視線の遮断を植木が手伝います。
おしゃれな雰囲気を演出できることも嬉しい点です。

□まとめ

 

今回は、目隠しフェンスの高さに関するポイントについて解説しました。
最適な規模感をご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、目隠しフェンスを検討してみてはいかがですか。
当社は、おしゃれな屋外家具で生活に彩りを与えます。
屋外家具とデザインの知識が豊富なスタッフが、お悩みの解決をお手伝いします。
目隠しフェンスの設置をご検討の方、目隠しフェンスの高さに関するポイントを詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

About the author

juicygarden_blog

juicygarden_blog

おしゃれな表札やポスト(郵便ポスト・郵便受け)物置などデザインにこだわったエクステリア用品通販。1600アイテム超のスタイリッシュな表札、デザインポスト、人気の立水栓、かわいい物置、人気のオリジナル商品多数販売。
http://www.juicygarden.jp/