物置・小屋・自転車倉庫

屋外家具の物置の選び方やポイントとは?専門家が解説します!

「屋外家具の物置の選び方について知りたい。」
「物置を自宅に設置したい。」
このように、自宅に屋外家具として物置の導入を考えている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、物置の選び方について詳しく知らないですよね。
そこで今回は、専門家が物置の選び方について詳しく解説します。

 

□物置の選び方、ポイント

 

*物置のサイズ表記

まず、土台寸法について確認しましょう。
土台寸法とは、本体の土台の大きさと奥方向の大きさです。
次に、屋根寸法について確認してください。
これは、屋根の大きさと奥行きです。
土台より大きめに設定されています。
そして、高さを確認しましょう。
物置を簡易的に設置する際は、コンクリートブロックを下に設置します。
通常ブロックは、約20センチメートルの高さがあります。
設置する場所に高さ制限がある場合は、ブロックの高さを考慮する必要があります。
最後に、間口寸法を確認してください。
これは、扉が開く部分の大きさを指します。
2枚扉といった扉の枚数や、片開きや両引きといった開閉方法によっても大きく異なります。

 

*設置場所

物置を設置する際は、設置場所に注意しましょう。
最初に、物置サイズや作業スペースを確保します。
設置する物置の前後左右に数十センチメートルが必要です。
次に、ブロックについて確認しましょう。
前述した通り、約20センチメートルのブロックを下に設置する必要があります。
このブロックは、傾斜の調節であったり、通気性を良くしたりする役割を担っています。
通気性が良くなれば、雨水や土が直接触れないようになります。
そして、設置場所に排水、雨水マスがないかを確認しましょう。
なぜなら、配管のつまりや配管工事のメンテナンスが必要な時に、作業ができなくなる可能性が高いからです。
最後に、扉を開閉するためのスペースを確保しましょう。
特に、壁と壁の間の狭い場所には要注意です。

 

*棚のタイプ

棚のタイプには大きく分けて2種類あります。
具体的には、全面棚タイプや長物収納タイプです。
全面棚タイプは、段ボールやツールボックスといった箱物を収納するのにオススメです。
また、スノーボードや竿、野球バッドといった長い物を収納するのには、長物収納タイプが良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、物置の選び方について詳しく解説しました。
物置の選び方をしっかりと把握して、適切な場所に物置を設置しましょう。
当社では、エクステリアや外構に関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望に沿った最適なプランご提案いたします。
ぜひ一度、当社までお気軽にお電話かメールで気軽にお問い合わせください。
また、無料で資料請求を承っています。
ぜひそちらもご利用ください。

About the author

juicygarden_blog

juicygarden_blog

おしゃれな表札やポスト(郵便ポスト・郵便受け)物置などデザインにこだわったエクステリア用品通販。1600アイテム超のスタイリッシュな表札、デザインポスト、人気の立水栓、かわいい物置、人気のオリジナル商品多数販売。
http://www.juicygarden.jp/